FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマースクール

毎年恒例のサマースクール(小学生対象)が今週水曜日から始まります。

清瀬福音自由教会の岩井基雄先生が先ほどTrinity Theological Collegeに到着されました。

先週、私の母の腰が骨折しているということが発見され、正子がお世話に釧路に帰ってくれていますので、私が朝ごはんを用意しようと思います。

明朝は豚汁にしようかな。
スポンサーサイト

これからの予定

敬愛します皆さんへ

8月2日(日)午後2時半からのシンガポールJCFの礼拝では、韓国トーチトリニティ神学大学院宣教学教授、ハレルヤ教会日本語部協力牧師の高見澤栄子先生が説教してくださいます。
実は、私と高見澤先生は1989年〜1992年、韓国ACTS神学校において同級生でした。
久しぶりにお会いできる上、メッ セージをしていただけること、本当に楽しみです。
ご都合のつく方、ぜひお越しください。

来月8月26日(水)〜28日(金)シンガポールJCF毎年恒例の小学生向けサマースクールを開催します。
3日間日帰りのプログラムです。
清瀬福音自由教会の岩井基雄先生(通称:がんちゃん)が子どもたちに向けて分かりやすく聖書のお話しをしてくださいます。
申し込み締切は7月26日となっています。

9月12日(土)午後2時開始、13日(日)正午終了で、クアラルンプールJCFのファミリーキャンプがHotel Bangi-putrajayaで行われます。
私も12日(土)奉仕します。
参加ご希望の方はお知らせください。


9月の一時帰国の予定です。

・19日(土)午前10時半から大阪JCF第7回の集い。
〒596-0816 岸和田市尾生町4丁目5番4号グレース歯科クリニックの2階です。072-443-4810
午前9時半にJR東岸和田駅にお迎えに参りますので、乗られる方はご連絡ください。
前泊可能ですので、ご希望の方はお知らせください。

・20日(日)午前10時半 新浦安めぐみ教会礼拝説教

・20日(日)夕方〜23日(水)正午 Global Returnees Conferenceで奉仕

・23日(水)午後7時半、24日(木)午前10時半、大和カルバリーチャペル祈祷会で奉仕

24日(木)午後11時にシンガポールに戻ります。


10月11日(日)午後2時半 シンガポールJCF創立40周年記念礼拝
後藤公子先生が説教してくださいます。
午後6時半〜8時半 祝賀会を日本人会2階ボールルームで行います。
ご予定に入れてください。


12月10日(木)午後7時半から日本人会AuditoriumにABC Tokyo Ballet Companyの皆さんをお招きして、クリスマスバレエコンサートを開催します。
無料です。お楽しみに。


2016年1月22日(金)〜24日(日)、3月18日(金)〜20日(日)にハーベストタイムの中川健一先生をシンガポールにお招きして聖書塾入門講座を開催します。

金曜日 午後6時〜9時
土曜日 午前10時〜午後5時
日曜日 午前9時〜正午
です。

日曜日は2回とも、その後、午後2時半から行われるシンガポールJCFの礼拝でも中川先生にメッセージしていただきます。
興味のある方はご連絡ください。
詳しくは、こちらをご参照ください。
http://www.harvesttime.tv/seishojuku/26-singapore/


2016年4月29日〜5月8日エミレーツで行くイスラエル旅行を企画しています。
シンガポール以外の場所から来られる方々もドバイかアンマンで合流することができます。
興味のある方はパンフレットをお送りしますので、ご連絡ください。


松本章宏

ナイトdeライト

敬愛します皆さんへ

来週の金曜日からいよいよナイトdeライトのライブコンサートが始まります。

今月リリースされるナイトdeライト初のフルアルバム「ファミリア」は、どこよりも早くシンガポールで販売されます。

こちらから全曲試聴できます。

http://night-de-light.com/shop/familia/

こちらから参加登録してくださった方には、当日抽選でこのアルバムが当たります。

https://www.facebook.com/nightsg2015?fref=ts

また、昨年4月から始まり、今年の2月に成し遂げられた北海道100本ライブの模様はこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=BVaVrbERsRI&feature=youtu.be



今年度はシンガポールJCF創立40周年という記念すべき年です。

10月11日(日)に記念礼拝および祝賀会を行います。

主の恵みを振り返って感謝しつつ、約束の地を目指して進んでいきたいと思います。

松本章宏

昨日洗礼を受けた方の証④

私は1989年の4月にシンガポールにやって来ました。

結婚してシンガポール住むことを決めた時、全ては自分の責任で決め、後悔しないと決心して来ました。

その頃は、神様の存在について考えたこともなく、人間は死んだら無になると考えていました。

日本人学校に勤めながら、主人と共に2人の子供を育て幸せに暮らしてきました。

10年ぐらい前から、何と無く神様はいらっしゃると感じる様に成りました。

それはシンガポールが信仰を持ってらっしゃる方が多い環境だったからの様な気がします。

信仰を持ち、神様を信じて平安に生きていらっしゃる姿が羨ましく感じられました。

そして、仕事を辞めたら日本人教会に行ってみようと何時からか思うように成りました。

仕事を辞めてから暫くして、こちらの礼拝に一人でお邪魔しました。

その初めての日に松本先生が私に声を掛けて下さり、バイブルスタディに誘って下さいました。

松本先生のバイブルスタディはとても楽しく、興味深いものでした。

そして松本先生のお導きにより、少しずつイエス様は神様とつながる道であること、イエス様は私達の為に十字架にかかり死んで下さったこと、そして復活なさったことを信じられるように成りました。

また、聖歌を歌う家庭集会3b-sにも誘って頂き、歌で神様を賛美する喜びを知りました。

去年の11月、日本に住む母が突然危篤と言う知らせを受け、急遽一時帰国する事になりました。

出発直前にシンガポール人の友達から、あなたのお母さんに神様の事を伝えられるのはあなたしかいないのよ、と言われました。

その頃の私はイエス様の復活についてまだはっきりと信じていたわけでは無かったので、彼女に返事が出来ずに出発しました。

私が着いたときには、母は既に意識が有りませんでした。

一人で母に付き添いながら、天のお父様のことを信じるよう母に呼びかけ、3b-zで習った2曲の歌を歌い続けました。

母が亡くなった夜、私は、天使に連れられて天に昇っていく母の夢を見ました。

その時、私は洗礼を受ける事を決心しました。

イエス様について教えて下さった松本先生、賛美歌を教えて下さった裕子先生、いつもお誘いの連絡を下さった加代子先生、そしてSJCFの皆さんに心から感謝をしております。

どうぞこれからも宜しく御願い致します。


よろしければ、下の「キリスト教」のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

昨日洗礼を受けた方の証③

2011年4月に現地採用で就職する為に来星してからは、恥ずかしながら、全く教会生活から離れておりました。

東京では商社の営業チームでバリバリ仕事をしていたので、シンガポールには新たな挑戦のために希望いっぱいでやって参りました。

しかし、現実は厳しいものでした。

来星してから昨年7月までの3年間で、試用期間中に辞めた会社も含め3社を渡り歩きました。

どれも自分が本来目指していた仕事とは異なったり、上司に恵まれなかったり、ビザの関係ですぐに転職ができずむなしい日々が続きました。

そんな中、本当にやってみたかった商社での営業職を探し続けましたが、なかなか理想に近いポジションが見つからず、シンガポールにまだいたいという気持ちも強くありましたが、目標あってのシンガポールなので、とうとう11月で日本に帰国しようとほとんど心に決めておりました。

ただ、その前に残り3週間、精一杯の努力はしてみようと紹介会社にお願いし出来る限り多くの会社に応募して面接に行けるよう努力しました。

ちょうどその頃、友人がJCFの話をしたことがヒントとなり、毎晩30分間お祈りをしてみることにしました。先ずは、自分の家族や友人の幸せを願ってお祈りし、その後は過去4年間続いているキャリアの負の連鎖を断ち切ることが出来るように祈り、翌週に先ずは5社から面接がもらえるように夜空に向かって強く祈り続けました。

そして、不思議なことに3日ぐらいしてから面接がどんどん入りだし、実際に翌週は5社ほど面接に行くことが出来ました。現在勤めている会社の募集もその中の一つにありました。

応募した会社は日本で5年間勤めた商社の関連会社でロジスティックスのアシスタント職を募集しており、希望職種とは少し異なりますが、応募だけしていました。

しかし、実際に面接を頂けたときには、HRのほうから営業で受けてみないかとご提案を受け、思ってみない形で望みが叶ったのです。

その後、2回の英語面接も神様から守られている感じがして結果はどうであろうと、良い方向に全ては向かっていくのだと信じることが出来るようになりました。

SJCFには10月末ぐらいから通うようになり、2回目の礼拝のときのお話はカルメル山でのお話でした。

3年間恵みの雨が降らず、という内容が自分の経験にぴったり合っていて、このタイミングでカルメル山の話を聞いたことも神様が計画されたことなのかな、と感じました。

クリスチャンになろうと決意したのは17年前アメリカで大学生活を送っているときでしたが、洗礼をまだ受けておりませんでしたが、今回の体験を以って洗礼をする決意が出来ました。


よろしければ、下の「キリスト教」のバナーをクリックしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。